種目案内 ライフル射撃


今回はライフル射撃です。

競技の種目は使用する銃の種類、銃を構える姿勢や弾の数ごとに決められています。
肉体的な耐久力をあまり必要としないため、若者からご高齢の方まで、幅広い年齢層の
ファンを得ています。
肉体的に楽な分、たいへんな精神力が必要となるスポーツだけに、集中力をいかに高め
られるかが勝負の分かれ目といえる競技です。


競技日程   7/28・・・7/30 8/1・・・8/6


競技会場  ロイヤル・アーティラリー・バラックスロアバ.jpg
ロイヤル・アーティラリー・バラックスは、王立砲兵連隊兵舎のことで、ロンドン
南西のウーリッジ広場内にあります。大会中は仮設の観客席が設けられ、
射撃競技が行われることになっています。


競技種目
s-ライフル種目.jpg















代表選手 男子選手 2名    女子選手  1名の合計3名です。
s-ライフルメンバー.jpg



使用する銃 [編集]すべての銃で、連射が可能なものはない。また、原則的にレンズおよびプリズムを使用した光学照準機の使用は禁じられており、マイクロサイトと呼ばれるピープ(覗き穴)式の精密照準器を使用する。高齢者対象の競技(マスターズクラス)に限っては、拡大鏡(1.5倍)装備の照準器の使用が認められている。

また、国内での所持については、都道府県公安委員会の許可が必要である。装薬銃及び低年齢者の空気銃所持に関しては、日本体育協会からの推薦を得ることも合わせて必要となる。 公式戦に出場するには日本ライフル射撃協会の認定銃である必要があり、5年間有効の銃器公認シール(有料)を貼付しなければならない。認定銃については日本ライフル射撃協会のホームページで確認できる。
ライフル射撃がメダルを獲得出来るよう
みんなで応援しましょう。







posted by 日本が初参加となるロンドンオリンピック at | 競技種目 日時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


くりっく365
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。