内村航平 28年ぶりの「金」


体操男子個人総合  内村航平   金メダル ロンドンオリンピックは1日、体操男子個人総合が行われ、内村航平選手が金メダルを
獲得。世界選手権3連覇中の王者がオリンピックでついに頂点に立ちました。
個人総合の日本人の金メダルは1984年ロサンゼルス大会の具志堅幸司さん以来、28年
ぶりの快挙。
また、内村選手はオリンピックと世界選手権の個人総合の両方で優勝した初の日本人選手と
なりました。

 内村選手の1種目目は団体戦決勝でミスをしたあん馬でしたが、強い気持ちで臨みました。
幸先のいいスタートを切ると、続くつり輪、跳馬で高得点を記録して1位に浮上。
その後は平行棒、鉄棒と順調にこなし、最後は得意のゆかで演技を終えました。
無事着地を決めると、大きなガッツポーズ。世界王者の貫録を存分に示す圧勝でした。


柔道男子90kg級  西山将士    銅メダル 柔道2階級を行い、男子90キロ級の西山将士はデニソフ(ロシア)との3位決定戦に
優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。
西山は1、2回戦で優勢勝ち。準々決勝で宋大男(韓国)に敗れたが、敗者復活戦で
チョリエフ(ウズベキスタン)を下した。(


競泳男子200m平泳ぎ  立石諒   銅メダル競泳男子200メートル平泳ぎは立石諒が2分8秒29で銅メダルを獲得した。
3連覇を狙った北島康介は2分8秒35で4位に終わった。
世界選手権2連覇中のジュルタ(ハンガリー)が2分7秒28の世界新記録で優勝した。。

競泳女子200mバタフライ  星奈津美   銅メダル 女子200メートルバタフライは星奈津美が2分5秒48で銅メダルに輝いた。

日本のメダル獲得数

 金メダル 2個

 銀メダル 4個

 銅メダル 11個

ロンドンオリンピック金メダルが獲得出来るよう、
みんなで応援しましょう。










posted by 日本が初参加となるロンドンオリンピック at | 案内 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


くりっく365
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。