東京5輪の招致始まる


2020年夏季5輪の東京開催を目指す東京オリンピック・パラリンピック招致委員会は、
7日、詳細な開催計画を盛り込んだ「立候補ファイル」を国際オリンピック委員会(IOC)
に提出した。
同日、イスタンブール(トルコ)とマドリード(スペイン)も立候補ファイルを提出した。
今後、国際的なPR活動が解禁され、3都市による招致活動が本格化する。
この日は、ローザンヌのIOC本部で立候補ファイルを提出した。
開催都市は9月7日のIOC総会(ブエノスアイレス)で決まる。

昨年のロンドンオリンピックの熱も未だ冷めやらぬ中での、この発表の記事。
是非共、2020年のオリンピックは日本で開催して欲しいものです。
切に願うのは私だけでしょうか?

招致委員の水野専務理事」は「(落選した2016年5輪招致から)多くを学び、
新しいアイデアを入れて素晴らしい立候補ファイルになった」と話しています。
 
今後東京開催が決まるまでには、いくつものハードルがあるでしょうが、
それを乗り越えて、絶対に日本開催を実現して欲しい。

“ロンドンの感動をもう一度東京で”
posted by 日本が初参加となるロンドンオリンピック at | 案内 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


くりっく365
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。